健康麻将 マナー集
ええっこんなにあるの?」まあ、そういわないでください。「飲まない・吸わない・賭けない」がモットーの健康マージャンでは、勝ち負けと同じくらい、いかに紳士的(淑女的)に美しくプレー出来るかも大切です。マナーは他人のためならず。お互いに気持ちよく全力を出せるように心がけて、フェアプレーの精神で技を磨き合いましょう。
@ 「自分に厳しく他人に優しく」をこころがけましょう。
A  ゲームを始める前に「よろしくお願いします」ゲームが終わったときには「ありがとうございました」と挨拶しましょう。
B  牌がセットされたら対局相手がツモりやすいように自分の前の牌山を右斜め前に押し出しておき、配牌が始まったらドラをめくる前にリンシャン牌が落ちて裏返ったりしないよう下段に下ろしましょう。
C  「ポン」「チー」「カン」「ロン」「リーチ」「ツモ」発声は対局者全員に聞こえるように明確に。
D 「先ヅモ」はゲームを妨げるルール違反です。上手の捨てた牌を確認しないうちにツモってはいけません。
  また、牌を強く叩きつけることはつつしみましょう。
E  立ち見・座り見は対局者にとっては気になるもの。つつしみましょう。
F  対局中の「口三味線」や対局相手のへの批判などの言動には細心の注意を払いましょう。
   終了後の「解説」もつつしみましょう。
G  手牌に関することは誤解を招きますので口にしないようにしましょう。
   自分の手に関してあまり謙遜しすぎるのも「裏ドラが3枚入った!」なんてことになると相手を騙しちゃった事になりますので、注意。
H  ツモ上がりのとき、ツモ牌はわかりやすい様に右端に離しておきましょう。
I  あがった時は相手に手がわかりやすい様に牌を並べてから倒しましょう。
J  点棒の受け渡しが終わるまでは牌山や手牌を崩さないようにしましょう。また、点棒の受け渡しは丁寧に。
K  たてひざ・ひじを卓につく・足を組む(隣の邪魔になります)などはつつしみ、姿勢良くゲームをしましょう。
L  肌を極端に露出したり・破れたり汚れた服装は避けましょう。
M  帽子やマフラーは取りましょう。(女性の帽子は周囲の許可を得る事)
N  打ち方のクセや間違いは誰にでもあるもの。一言いいたいときには言い方がマナー違反にならないように。
   相手を傷つけるような注意の仕方はたとえ正しくてもゲームの楽しさを台無しにしてしまいます。
   もしどうしても感情的になりそうな時にはスタッフにお声かけを。
トップページへ